Top >  お役立ちガイド >  三度の引越を経験

三度の引越を経験

私はこれまで、北海道から東京への引越、東京から青森への引越、青森から東京への引越、と三度の引越を経験しましたが、先の2つの引越において一番面倒だったことは、荷造りでした。 なぜ荷造りが面倒だったかというと、これらの引越の際には7トン・トラック分の荷造りをした為、パッキングしなければならない荷物が多すぎたことが挙げられます。婚礼ダンスや、昔から使っていた大きな机など、重たくて大きな物から、書籍や小物などまで、とにかく沢山の物を持ち歩いて引越をしてきたので、段ボールの数も尋常ではない量がありました。 以上の経験から、三回目の引越の際からは、多くの荷物を持ち歩かないことに決め、どんどん不要な物を捨てていく対策を講じています。フリーマーケットで転売する方法や、知り合いに無料で引き渡す方法など、不要な物を処分する方法はいくらでもありますし、何回かに分けて処分していけば次の引越までには相当身軽になります。 タンスなど、大きな荷物も必要最小限にすれば、新たな引越先で荷物をどこの窓から入れるか、等と頭を悩ませないで良いですし、何より引越にかかる料金が節約できます。 引越の際は、身軽になってから引越するのが良いでしょう。

引越し業者への引越し予約や見積もりは1社ずつだと大変なものです。
一括で見積もれる業者は複数ありますが、90社をわずかな入力項目で探せる
「引越し価格ガイド」がオススメです。

「引越し価格ガイド」
http://a-hikkoshi.com/

リサイクルなどの不用品の買取なら
リサイクルショップ一括買取の「RETOWN」がオススメ。

「RETOWN」
http://www.retown.jp/

お役立ちガイド

関連エントリー

引越しで大変だったこと もったいないけれど・・・ 不用品の始末に困る マンションの建替えで1km圏内で引越し 三度の引越を経験